貧困女(子)の生活

長年付き合った彼氏には振られ仕事は非正規。何も持ってない私。でも生きていく。→2017年1月復縁しました!しかしフリーターから無職に…

メルカリを使ってみた

前の記事に書いた通り、絶賛断捨離中です。

物が山ほどある家なので基本はネットの中古本やフィギュアを買い取ってくれるお店に送ったのですが、一部そこそこお金になりそうなものもあったのでそれは「メルカリ」に出品してみました。

 

結果。サクサク売れる。

ほとんど期待してなかったんですが、案外サラッと売れてくれました。

特にブランドものが強い。出して即売れも何度かありました。

ツモリチサトのスカートとかオロビアンコのバッグとか)

近所の中古店に持っていったら多分100円とかにしかならなそうなのに。

あとはフィギュアなどアニメグッズ。

これも人気作は即売れ。価格を安めに設定しているってのもあるけどそれでもすごい。

これからは適当な中古店に出す前にまずメルカリに載せてみることにしよう。

梱包や郵便局に持っているのが少し手間なので一定以上高く売れそうなものだけでも。

 

しかし、普段新古書店で働いている身としては恐ろしいサービスだとも思う。こんなに簡単に売りにだせるんだったらみんな各々自分で売り出してしまう。メルカリは年齢制限もないし(多分)わざわざ身分証を見せなくてもいいし気軽になんでも売買できてしまう。しかも値段は自分で決められる。

となると、みんないいものはネット、売れないものは店舗となっていい買取がなくなってしまうのでは。

ただでさえ電子書籍やレンタルコミックに押されているのにまた打撃を喰らってしまう。

昔ながらの古書店は細々と残りそうだけど、新古書店はもう10年後には無くなっている可能性もあるね…。

新古書店は絶滅し行く仕事のうちのひとつなのかもしれない。