貧困女(子)の生活

長年付き合った彼氏には振られ仕事は非正規。何も持ってない私。でも生きていく。→2017年1月復縁しました!しかしフリーターから無職に…

「コンビニ人間」とか「逃げ恥」が人気出た理由って

やはり、今の時代に「正しい人生」を歩めている人が少ないからなんだろうか。

正しい人生って大学行って就職して20後半くらいで結婚して30前後で子供2人作って35位でマイホームを買って…みたいなやつ。

私は、正直これに「うへぇ…」となる。

33にして非正規未婚なんでそういうのを腐すと嫉妬扱いされそうなんで外では言わないですが、何故だか全く良いと思えない。

なんでだろうと考えてみると、うちの親ってまさにその「正しい人生」を歩んでいるんですよ。

20で結婚22で私を産んで24で妹を産んで私が3歳位になったら正社員の事務に再就職して34歳位でマイホーム買って。

表面上はどこからも文句言われない「正しい人生」「お手本にすべき人生」なのでしょう。

でも、現実はここでも何度か書いたけど、父はキレやすく、贔屓の野球チームが負けたとか会社で嫌な事があったとか何なら理由が無くても酒を飲んで酔って暴れた。

夜中に私の部屋に入ってきた顔を嘗め回したり胸を触ったりしてきた。

猫を蹴り殺したり、妹が友人からもらった手紙や手作りのポーチを勝手に捨てた。

私の質問に答えられないと、ゲップをしつこくかけてきてうやむやにした。

当時はネットもなく、田舎過ぎて図書館も本屋もなく、わからないことを自分で調べることはできなかった。結果、私はあきらめ癖がついた。みんな知ってることを知らなくて恥をかいたことも数えきれないくらいにある。

母はいつもピリピリしていて、しかもわかりやすい妹贔屓だった。

すぐに人を見下し鼻で笑い、女の子っぽい人やものが大嫌いだった。が、本質はかなり女々したタイプで、今だったら「自称サバサバ系」になってそうなタイプ。

二人とも年賀状はたくさんくる割に休日はいつも家ですごしていた。

テレビを見て芸能人の悪口を言い、会社の人や私や妹の悪口、親戚や近所の人の悪口ばかりだった。

ふたりともアイドルが好きで、お互いの事はブスだのデブだのと見下しあっていた。軽口ではなく本気のトーンで。

私が中学にあがるくらいになると、家族で集まっても雰囲気が悪くなるだけなのでなるべく食事の時間などはずらすようになっていた。

いいのは「世間体」「スペック」だけ。中身はドロドロもいいとこ。

私は実家を出て約10年だが、帰ったのは祖母の葬式の一回きりだ。

親戚の手前なのでさすがに控えめだったが、遠回しに何度も「世間体が悪いから早く結婚しろ」と何度も言われた。

世間体。

実家は田舎なのである程度は仕方ないが、うちの親たちは「世間体」を一番に気にする。100歩譲ってそれで幸せなのならいいけど、いつも他人を羨んだり見下したりばかりしていて余裕がなく常に顔をしかめていて、全く幸せではなかった。少なくとも私目線では。

そういうことがあり、私は世間の言う「普通の幸せ」をどうしても疑ってしまう。

男だから正社員じゃないといけない、女だから30までに子供を産んでないといけない、何歳までに何々しないとヤバい、どこどこに住んでる奴はダメ…

こういう決めつけが世の中をピリつかせて雰囲気を悪くしているのだと思います。

これに流され「自分にとって何が幸せか」を考えず生きてる、または気づいていてもしまい込んでる人が「正しい人生」を歩んでない人を叩くことでストレスを発散しがちなのでは。誰も幸せにならない流れなのに。

あまりに秩序がなさすぎるのもおかしいですが、縛り付けるのもまたおかしい。

今は縛り付けられていた縄が少しづつ緩んできたころなのだと思います。

縛り付けられている方が都合がいい人たちがあれこれ言ってきても、気にしない心を持っていきたいです。