貧困女(子)の生活

長年付き合った彼氏には振られ仕事は非正規。何も持ってない私。でも生きていく。→2017年1月復縁しました!しかしフリーターから無職に…

私は生きるのが怖い。なんで怖いのか。

私は生きているのが怖いです。

かといって死ぬのも怖いのですが。

死は生き物の大半が恐れているのでそれは別にいいんですが、生きるのが怖いのはキツイ。

なんで生きるのが怖いかというと、やはり、自分の足で立って歩く自信が無いから。

今は元彼と住んでいるからいいけど、結婚は無くなった今、いつ追い出されても文句は言えない。

今の仕事の給料だと、一人暮らしはなんとかできても貯金などはできないようなレベルなので、もしそうなったなら転職しか道はないのですが、私はとにかく頭が悪い。要領も悪い。年も30半ばとなってしまった。次の仕事を見つける自信がまるでない…。

若い頃は容姿が悪いのがいちばんの問題でしたが、この歳になると頭が悪い方がより重い問題になってきます。

事務の仕事は楽ですが、全く興味のない、単に仕事がありそうな業界を選んだので、毎日退屈で仕方がないですし、田舎ゆえ周りが主婦ばかりで独身は浮いて辛いです。

今後独身で生きるなら、都会に行ったほうが多少は気が楽になるのはわかります。仕事も多いでしょうし…。

はあ。貯金がせめて100万円くらいあればな。この歳でそれすら無いのも悲しいです。

今の世の中に蔓延してる、無能は死ねという空気。怖い。

でも同じ状況でも、勇気ある人は上京してどんな仕事でもやるんだろうな。

もしくは住み込みの仲居さんとかやってみたり。

長年ぬるま湯に浸かってきて、立ち上がる足の骨がドロドロに溶けてしまっているような感覚です。