貧困女(子)の生活

長年付き合った彼氏には振られ仕事は非正規。何も持ってない私。でも生きていく。→2017年1月復縁しました!しかしフリーターから無職に…

口唇裂当事者として思った事をつらつらと

こちらのニュースが盛り上がっていたので、ブコメはしたものの書き足りないのでこちらでも少し。

 

タイトル通りですが、私もこの「口唇裂」という先天性奇形を持って生まれてきました。

 

ヤフーニュースのコメント欄では、数人当事者が「私は口唇裂だけど結婚できた」「口唇裂だけど仕事で成功した」…という人がいました。

私自身も別れたとは言え彼氏がいた事はありますし、若い頃はナンパに遭う事もそれなりにありました。私は頭が悪いですがそれは病気とはまるで関係なく単にバカなだけなんで、頭のいい口唇裂の方も沢山いるでしょう。なので成功が絶対ありえないとは思いません。

一口に口唇裂といっても、程度も違いますし。ほんの少しだけ裂けて生まれた子なんかは、今時の技術なら少し縫うだけでほぼ健常児とかわらないでしょう。

しかし。

重度の人は今の技術でも治りきりません。手術をしてない状態よりは少しましにはなっても、明らかに鼻下が歪みますし、傷跡も残ります。

私の場合、前から見た場合はそこまで目立ちませんが、斜めの角度からみると左の鼻の穴の形が変なへこみ方をしています。鼻の骨も発達しないのでシリコンを入れています。とはいえ、自然な範囲のものかつ、それでも普通の人よりかなり低いので、誰もシリコン入ってるとは思わないでしょうが…。

子供の頃から、何度も何度も全身麻酔で手術をする事になります。都会の人はわかりませんが、当時ど田舎に住んでいたので近所中に好奇の目で見られていましたし、近所の子供には「整形してもブス」など罵られました。(正しくは形成ですが、子供にそんな差はわかりません)

親もよく、私の顔の事で口論になっていました。「こんなガキなら産みたくなかった!!」と私が聞こえる位置にいるのに御構い無しにやりあってました。

痛い思いをして手術してもブスのまま。手術前よりはほんの少しだけは鼻の傾きがマシにはなりますが、本人にしかわからないくらいのほんの少しです。

私は小学生の時にした手術で、ほぼ何も変わっていなくて絶望したのを今でもよく覚えています。

 

それでもブーブー言いながらもお金を出して手術を受けさせてくれた両親に感謝しないといけないのかもしれません。

が、私はこの事件の両親のやった事が完全に間違っているとは思えないのです。

ほっといて餓死させるのはどうかと思いますが、これが出生前にわかっていて堕胎した場合は。

もし、日本に安楽死制度があったとして、安楽死させた場合。

…この赤ちゃんが今後、辛い人生を歩む可能性は他の健常児の赤ちゃんと比べ格段に高いです。

何度も痛い手術をし、入院する事になります。お金もかかります。いじめに遭う可能性も健常児と比べると高い。

この病気の子は中耳炎を併発しやすかったり歯並びも病気の関係で悪い場合が多く、歯列矯正代もかかります。

普通の子より明らかにお金がかかるのに、普通の子より出来が悪い。

金銭に余裕のある家ならそれでもなんとかなるかもしれませんが、ない家は地獄です。

 

私も、生まれたからには生きてやろうとは思いますが、もし今自分が胎児の状態に戻れて、産まれるか流産か選べるとしたら…多分、流産を選びます。

 

その暗い性格がダメなんだ!口唇裂は関係ない!と言いたがる人もいると思いますが、私のネガティブで内気で消極的な性格は確実にこの顔の影響で作られたものです。幼稚園にもいかない頃は、お転婆で明るい子供だったそうです。

 

障害のある人間の人生は得てしてナイトメアモードです。

極々稀にナイトメアモードをクリアしている人もいますが、かなりレアな存在です。

最悪、子供が就職できず、結婚もできなかったとしても一生養えるお金がある人以外は、安楽死を選べるようにした方が美しく健全で前向きな社会を形成していけると思います。