三十路非正規独身女の人生漂流記

1983年生まれのギリギリアラサー非正規雇用独身女が人生を漂流する様子を晒すブログ。

色々やった。

今の職場に不満がある&いつまでもこの状態では居られないので、土曜日に面接を受けて来ました。

とはいえ、多分これは受からないです。

ずっと非正規で来た奴が突然正社員面接な上、面接官が濁しつつも「今回は体力のある人(というか男性)」を採用したいんで…と言っていたので。

取り敢えず気長に色々受けてみようと思います。

その後、「東京しごとセンター」に行くも休館日。まじか。土曜日もやってると聞いていたのに。ハロワも休みでした。

テンション下がるけど取り敢えず色々パンフレットだけは貰ってきました。

非正規雇用を続けてきた30代向けのセミナーがあるので行ってみたいのですが、5日連続なんで受けるとしたら今の所は辞めないと無理…

…いっそ就活するからって理由で辞めようかな。しかし金が無い…。

 

時間が空いたので山手線乗って色々見たりしてました。都会は色んな人が居て見応えがあります。一回も降りた事ないって理由で鶯谷で降りてご飯食べたり。露骨にそっち系で働いてますって感じのセクシーお姉さんと風俗店の待ち合わせ感半端ない感じのおじさんが沢山でした。自分とは全く縁のない世界や…。

 

その後はコミュ障やメンタル弱い?方が集まるクリスマスパーティーみたいなイベントがあったので勇気を出して参加してみました。

みんなめっちゃ馴染みやすいいいいいいい。

都会はこういう集まりがあるのがいいよねえ。

ケーキ食べたりゲームしたりして遊びました。

色んな人がいるし、みんな私なんかと普通に楽しく遊んでくれてとても楽しいイベントでした。

そのうちの1人の方がわざわざ高速バス乗り場まで送ってくれてとてもありがたかったです。

コミュ障イベントに来てる割にはリア充感ぱない感じの人だったので最初はびびってましたが、ある意味私と近い状況の人で(長年付き合った彼女に浮気されて別れた)話しやすかったです。付き合おっかという話にもなりましたがまだ背景がわからなすぎるしネタなのか本気なのかもよくわからないのでそこはスルーしときました…。

ここでノレないのがコミュ障よ…。

そして、もう私を好きじゃないのはわかってるのにどうしてもよぎる元彼の顔…。

引きずってうだうだいってられるような歳じゃないのにねえ。悲しいなあ。

 

帰った後は泥のように寝て、元彼と2人でまったりもんじゃ食べたりクリスマスケーキ食べたりしてました。全く期待してなかったのにプレゼントも貰えてラッキー。でも私はクリスマスガン無視平常運転だと思ってたのでなんも用意してなかった…。気が利かないなあ我ながら。

来年はもっとまともな人間になりたいな。

私に親切な人には親切に、私に牙を剥いてくる人からは身を守れるように。